本文へスキップ

柔道整復師の個別指導、監査の実例をご説明します。個別指導、監査に臨む柔道整復師の方は、弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分~17時30分

柔道整復師の個別指導、監査の実例のコラム

柔道整復師の個別指導、監査の実例をご紹介します。

個別指導、監査にお悩みの柔道整復師の方は、サンベル法律事務所にお電話下さい。柔道整復師の個別指導・監査には、弁護士を帯同させるべきです。


弁護士鈴木が力を入れる、柔道整復師の個別指導・監査のコラムです。
柔整師の厚生局の指導監査の対応については、以下のコラムもご覧いただければ幸いです。
1 整骨院、接骨院の個別指導と監査

本コラムでは、四国厚生支局の平成28年12月付けの受領委任の取扱いの中止相当の実例をご紹介します。説明のために簡略化等をしています。

柔道整復師の情報提供による監査、中止相当の実例


 1 受領委任の取扱いの中止相当年月

平成28年12月

※ 当該柔道整復師は、平成26年10月付けで受領委任の取扱いを辞退していることから、中止相当としている。

1 受領委任の取扱いの中止相当
受領委任の取扱いの中止相当とは、本来中止措置とすべきであるが、既に受領委任の取扱いを辞退しており中止ができないため、中止となった場合と同等の措置(原則として5年間は受領委任の取扱いを認めない)を行うものである。

2 受領委任の取扱い
受領委任の取扱いとは、施術を受けた患者は、要した費用のうち一部負担金のみを柔道整復師に支払い、残りの費用は患者から療養費の受領の委任を受けた柔道整復師が保険者に請求できる取扱いのことである。
受領委任の取扱いの中止措置を受けた柔道整復師は、原則として中止後5年間は受領委任の取扱いができない。
受領委任の取扱いの中止措置を受けた柔道整復師が施術管理者となっていた施術所の開設者に対しては、原則として中止後5年間は新規の承諾等をしない。

 2 中止相当とする根拠規定

1 柔道整復師の施術に係る療養費ついて
平成22年5月24日付保発0524第2号厚生労働省保険局長通知

2 柔道整復師の施術に係る療養費に関する審査委員会の設置及び指導監査について
平成11年10月20日付保発第145号・老発683号厚生省保険局長・厚生省老健福祉局長通知

 3 監査を行うに至った経緯(情報提供)

保険者から療養費の請求内容に疑義があるとの情報提供があっため、情報内容を精査したところ、療養費を不正に請求していることが強く疑われたことから、当該柔道整復師に対して監査を実施した。

 4 中止相当に至った理由(不正請求)

1 不正請求
実際に行っていない施術を行ったものとして施術録に不実記載し、療養費を不正に請求していた。

2 監査で判明した不正請求額
 患者数      6名分
 療養費支給申請書 12枚
 (平成24年7月から平成25年7月施術分)
 金額   9万0263円

整骨院・接骨院の個別指導、監査、行政処分のコラム


整骨院、接骨院の個別指導、監査、行政処分のコラムの一覧です。
柔道整復師の方は、ご活用いただければ幸いです。

 個別指導と監査の対応法

1 整骨院、接骨院の個別指導と監査

 整骨院・接骨院の個別指導の実例

1 整骨院、接骨院の個別指導の実例(1):一律100円のあんま

2 整骨院、接骨院の個別指導の実例(2):マッサージの不正請求

3 整骨院、接骨院の個別指導の実例(3):整骨院の架空請求

4 整骨院、接骨院の個別指導の実例(4):施術所外施術の不正請求

5 整骨院、接骨院の個別指導の実例(5):監査拒否での中止

6 整骨院、接骨院の個別指導の実例(6):患者情報提供での個別指導

7 整骨院、接骨院の個別指導の実例(7):無資格者の施術の不正請求

 柔道整復師の個別指導、監査の判例

1 個別指導、監査の判例(1):受領委任の取扱いの中止と再開申出

 柔道整復師への行政処分

1 柔道整復師の行政処分



SUNBELL LAW OFFICE監査 柔道整復師

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438